お知らせ
  食事に行った日と掲載日には若干のタイムラグがあります。また、余り
  にも多いお店は何回か削除しています。悪しからずご了承下さい。
New  トップページで 通販動画 を新しく掲載。
       今回の落書き
     お客様は神様です……か? 

 
 
インターネットが広まるにつれて、今までマスコミの特権であった発信が、自ら社会に向かって情報発信できるようになった。この時代に生きていることは、私たちにとって実に便利で良い時代になったと感じている。

 実際、フェイスブックとかホームページで発信したり、食べログで自分の意見や感想を手軽に発信できる。情報の発信が手軽にできるので、逆にそれが負の影響もある。人の感覚は千差万別で、その評価基準もニーズも千差万別である。

 ある人が評価しているお店でも、別の人にとっては評価できるレベルではない-当然と言えば至極当然である。しかもネットの匿名性という隠れみのがある。それをいいことに、自分はカッコいい感覚で書いているのだろうが、読んでいる第三者が気分を悪くする書き込みも一部にはある。(警察が本気で調べればすぐに特定できるけれども)

 「お客様は神様です」-この言葉を真に受けて、傍若無人に、あること、ないことを平気で書き込むのが当然、とカン違いをしている人のコメントは、本人の思いとは別に不快感を持っている人もいるのではないだろうか?

 私の場合も食べログを見るが、ほとんどその内容は営業時間、定休日、昼食の有無、駐車場の有無であり、その訪問した日である。なぜなら直近のコメントが2年前だと、すでになくなっているお店も多いから。細かいコメントを見るのは、弟子から特別なコメントを聞いたとき、それを見るに過ぎない。ましてや、星がいくつかなどはまったくといっていいほど興味がない

 中にはミシュラン本に掲載店とか、食べログの評価の高いお店をメインに行く人もいるようだ。彼らはそれらに大きな信頼を寄せているのだろう。そして、それらの評価の高い一部のお店を、上から目線で評価している人も…。まるで自分の味覚・知識を誇るかのように…。

 これは昔から仕事でも何でも、中途半端な人の決まった行動パターンかも?逆に彼らは自分の仕事を同じように指摘されたらどのように感じるだろうか?また、実際問題として、目隠しテストをすれば、どれだけの人が識別できるだろうか?ガクト氏のような神の舌をどれだけの人が持っているのだろう?

 ところで、それぞれの店にはターゲットとする客層がある。衣料、食品、バッグなどに限らず、それぞれの店舗は生き残りをかけてねらい目の客層を獲得するために、内装、メニュー、価格などを決める。対象となる客層でない場合は、顧客にとって居心地の悪い場合もある。

 ブランド専門のバッグ店に行って、大衆店に置いているようなお手頃品がないとか、居心地が悪いなどの不満を感じても仕方がないのとまったく同じである。どのお店に行っても「神様」のようには扱われないのは当然である。神様という表現は隠喩-つまり神様のように大切にしたい-に過ぎない。これが広く誤解を生んでいるように思う。

 お店にはお店としての立ち振る舞いが必要なように、顧客も顧客としての立ち振る舞いが求められる。それがお互いに必要とされるマナーである、と私は考えている。神様だから何をやっても許されるという意味では決してない。

 お客も毎日を必死に生きているように、お店の人たちも必死に生きている。歴史的にも空間的にも、今の時代に出会えるのは、まさしく奇跡と言わざるを得ない。ましてや美味い、不味いは個人の味覚に過ぎない。「口に合うかどうか」に過ぎない。「お口に合いますか?」という言葉は、端的にそのことを表す素晴らしい表現である。

 「自分の店の味が一番」と考えて料理を提供するのは当然である。しかし、それがすべてだとカン違いする料理人は一流ではないと思う。実際、世界大会で金、銀メダルを取っている料理人は極めて謙虚である。食べているお客の表情をさりげなく観察している

 お客さんの口に合った味付けをしたかどうかを観察しているのである。ある料理人は「その客の味覚を早く知ることが大切」と言っていた。一度だけの訪問ではそれはあり得ないことである。私自身は、「この料理人とは味覚が合いそうだ」と感じたときは何回か訪問し、自分の嫌いな食材、好きな味付けなどをさりげなく伝える。それによって、お互いにより納得がいく料理を提供して貰えることになる。店が客を育て、客が店を育てるのである。

其の9026【イタリア料理・広島市&周辺】

広島市安佐南区長楽寺の「イタリア料理 イルパッソ」。
ふらりと出かけて入れないときがときどきあるので、今回は行く前に電話をかけてから…。新型コロナが問題になってから、1700円のミニコースメニューが消えていたけど、今回はそれが復活していた。今月の10月から復活したという。前菜、パン、パスタ、盛り合わせデザート、ドリンクで消費税込みの1700円は安い。いつも書くように、形だけ種類を増やしているのではなく、それぞれが手をかけている。また、積極も実に感じが良い。流行るには訳がある。
営業時間:11:00~15:30 定休日:月曜日 第三日曜日

其の9025【お好み焼き・広島県】


広島市南区東雲の「お好み焼き屋 みほ」。
ときどき行こうとするが、駐車場が空いてない。そこで今度は11時過ぎに…。これが功を奏して一番乗り。食べるのはうどん肉玉野菜W。どこのお店も同じように焼いているのに何が味を変えるのだろう。天かすの量?それとも水分の飛ばし方?お好み焼きはいたってシンプルな料理。それゆえちょっとした材料の量、焼き方で味が変わる。不思議だなぁ。
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:00 
定休日:水曜日
   

其の9024【その他食品・山口県】


山口県岩国市三和町の「大根川 がんね栗」。先週に引き続き今週も買いに行ってきた。今回は焼き栗があったのでそれも購入。愛媛県中山町の銀寄はいい栗だけど、焼き栗は今一歩だったので購入に躊躇したけど…。がんね栗と言えない2Lかそれ以下の小さい栗も入っていた。栗としての甘さは十分にあったが、しばらく寝かせて焼くともっと甘さが出るだろう。
 
塾を越えた塾の
ホームページ!
ウソのようなホントの話」 「秘密の日記
塾長のひとりごと」 「動物日記」など
トップページ
淳風塾へ Go!

ジャンルを選んでください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

和食一般 洋食一般 天ぷら・寿司 中華・焼き肉・鶏 うどん・そば お好み焼き
広島市&周辺 広島市&周辺 広島県内全域 広島市&周辺 広島県内全域 広島県内全域
広島県その他 広島県その他 その他の地域 広島県その他 伊予手打ちうどん・そば その他の地域
愛媛県内全域 愛媛県内全域           愛媛県内全域 その他の地域
その他の地域 その他の地域           その他の地域

カフェ・居酒屋 その他料理 和菓子洋菓子 その他食品等 料理人・顧客 トップページへ
広島県内全域 各種専門料理 広島県内全域 広島県内全域 料理人必見? 連載小説
愛媛県内全域 一般食堂等 愛媛県内全域 愛媛県内全域           温泉評論
その他の地域           その他の地域 その他の地域

        NEW訪問店リスト
広島県内  愛媛県内  その他の地域


カウンタ





copyright(c)淳風グループ(chikinhouse nurse)  all rights reserved