連載小説 追憶の旅     「第6章  決断」
                                 作:夢野 仲夫


 
登場人物とあらすじ
1章:美津子との再会(1〜314) 学生時代、大恋愛の末に別れた美津子の幻影から逃れられず、ずっとその幻影を追い続ける良(りょう)。その彼女に20年ぶりに出会う。一方、妻子ある良に心を寄せる部下の恵理彼女の親友の美紀。良を巡る3人の女性の愛憎を描く。

2章:千晴との出会い(315〜630) 大学を卒業してサラリーマンになった良が通う食堂で知り合った千晴。通りすがりの人が振り返るほどの美貌を備えた彼女。美津子との過去に縛られた良と千晴の想い出を織り交ぜながら、恵理と美紀との絡み合う愛

3章:良の苦悩(631〜) 20年前に別れた美津子との出会いが良の心を悩ませた。さらに千晴の化身のような美紀ひたむきに良を慕う恵理との間(はざま)を揺れ動く良。良をめぐる三人の女性の愛。

4章:別れのとき(865〜) 20年前に別れた美津子会うたびに湧きあがる拭い去れない不信感。やがてどうにもならない程彼の心の中で膨らむ。一方では恵理へ傾倒していく良。

5章:新たな出発
(1281〜) 良の周りに起こる目まぐるしいほどの様々な出来事。良の新たな出発とは?

「第5章  新たな出発」

  (本文)  フランス料理 サヤマ
 
 新たな出発371 通算1651
 「リョウ君、時間取れる?」意を決するように美希が尋ねた。それが何を意味するかお互いに分かっていた。彼は黙ったままであった。
「リョウ君…、ワタシ、こわい…。」−美紀の口から意外な言葉が発せられた。今まで彼女から弱気な言葉をほとんど聞いたことがなかった。それほどまで彼女を取り巻く状況がひっ迫しているであろうことを想像させた。それでも彼は何も答えず、黙って美紀を見つめていた。

 新たな出発372 通算1652
 彼の脳裏には恵理があった。自ら身を引いた恵理。彼をひたむきに愛しているからこその行動であった。彼の中では恵理は過去の子ではなかった。諦めきれない恵理への強い背徳感があった。その反面、自分がいなければ壊れそうな美希への思いもあった、彼の中でその両者が葛藤していた。それだけではなかった。美紀の会社の社長を受けることになれば、他の従業員への示しがつかなくなることへの躊躇もあった。

 新たな出発373 通算1653
 「リョウ君お願い、私のアパートまで送って…」。強気な美希に似つかわしくないか細い声であった。彼は割り切れぬ思いを抱きながら、美紀を彼女のマンションまで送った。部屋に入ると懐かしい部屋の香りが彼の思い出を呼び覚ました。
「卑怯者!」と彼を罵りながら、その言葉とは裏腹に彼へのひたむきな愛を告白した美紀。それがまるで昨夜のように思い出された。

 新たな出発374 通算1654
 「リョウ君、たすけて…。ワタシではどうにもならない…」。まるで独り言のようにつぶやく美紀。彼は思わず彼女を抱きしめた。健康的だった彼女が、抱え過ぎる荷の重さから痩せてしまっていた。
「美紀、しっかりご飯食べている?」
「食欲がないの。今日はリョウ君と一緒だったから、久しぶりにお腹一杯になっちゃった」。
「食べなきゃダメだよ、美紀。元気で威勢のいい美紀が魅力的だから」。

 新たな出発375 通算1655
 いつもなら跳ねかえすような美紀だったが、黙って下を向くだけだった。彼女を抱きしめながら、良はどこかに彼を見つめている何かを感じていた。それは恵理のようでいて、恵理でないようで、それが何かは彼には分からなかった。しかし、強い背徳感が彼を襲っていた。
「リョウくん…、リョウくん…。」
いつもの美紀とはまるで別人のようなか細い声が、耳元でささやいた。

 新たな出発376 通算1656
 会社で働いていた時の、あの威勢の良い美紀が今にも折れそうに感じるほど痩せていた。いつの間にか自然に唇を合わせていた。それはまるで何かの恐怖から逃れるような激しかった。リョウもその激しさに気をされるような錯覚を覚えた。
 いつの間にか頬に温かい物を感じた。気が付くと、それは美紀の涙であった。
「リョウ君好き!リョウ君大好き!」まるでうわごとのように繰り返した。

 新たな出発377 通算1657
 良は黙って彼女を抱きしめるだけだった。抱きしめている美紀の身体が小刻みに震えていた。今までずっと耐えていた感情が、どうにもならない程高ぶったのだろう、涙がとめどもなく流れだした。
 「リョウ君、助けて!私にはどうにもならないの!私にはリョウ君しかいない…。」
「大丈夫だよ、ミキ。私にできることは全部させてもらうから…。」
後戻りできない明言だった。

 新たな出発378 通算1658
 「ホントー、リョウ君、ホントにぃ…。」期待はしていたが、余りにも良の明確な答えに、美紀自身が戸惑っているようだった。それはまた、良にとっても会社との決別を決断したときでもあった。
「奥さんは大丈夫?反対するでしょう?」頼り切っていながら、彼の置かれている環境に気づかされて、逆に美希は自分のわがままに気付いているようでもあった。
「ミキ、何も心配ない。私のことは何も考えなくてもいい」。

 新たな出発379 通算1659
 その言葉が美紀の胸に鋭いナイフのように突き刺さった。自分のために良の人生をダメにしてしまっているのではないかとの思いが巡った。
「リョウ君、ごめんなさい。ごめんなさい。…」。何度も繰り返した。しかし、その言葉には力がなかった。傍から見れば大企業の中で順調に出世している良の人生を、滅茶苦茶にしてしまうのではないかという恐怖が襲っていたのであろう。

 新たな出発380 通算1660
 離婚していることに良は触れなかった。それに触れれば恵理との関係を話さなければならなくなる。恵理への思いを良は断ち切ってはいなかった。むしろ、こういうときこそ恵理に傍にいてほしいとの思いが逆に募るばかりだった。
「君の会社のことをもう少し知りたい。売り上げ、仕入れだけでなく会社内の人間関係も知らなければ対応ができないから…」。
美紀に厳しい現実が突き付けられた。


第1章BN(0001〜0010)
                           トップページへ  追憶の旅トップへ

        第1章 美津子との再会(BN)
 (0001〜) 偶然の再会「イタリア料理まちかど」
 (0021〜) 別れの日
 (0034〜) 家族の留守の夜
 0047〜) 初めての衝撃的な出会い
 (0053〜) キスを拒む美津子
 (0070〜) 恵里と美紀との食事 フランス料理「ビストロ シノザキ」
 (0091〜) 一人で思いに耽る良「和風居酒屋 参萬両」
 (0101〜) 良に甘える恵理「おでん 志乃」
 (0123〜) 恵理・美紀と良の心の故郷「和風居酒屋 参萬両」
 (0131〜) 恵理と食事の帰り路「おでん 志乃」
 (0141〜) 再び美津子と出会う「寿司屋 瀬戸」
 (0161〜) 恵理のお見合いの結末「焼き肉屋 赤のれん」
 (0181〜) 美津子と二十年ぶりの食事「割烹旅館 水無川(みながわ)」
 (0195〜) 美津子に貰ったネクタイの波紋「焼き鳥屋 鳥好(とりこう)」
 (0206〜) 美紀のマンションで、恵理と二人きりの夜
 (0236〜) 恵理と美津子の鉢合わせ「寿司屋 瀬戸」
 (0261〜) 美津子からの電話
 (0280〜) 深い悩みを打ち明ける美津子「レストラン ドリームブリッジ」
 (0296〜) 飲めない酒を浴びるように飲む「和風居酒屋 参萬両」
 (0301〜) 美紀のマンションで目覚めた良

         
 第2章 千晴との出会い(BN)
 (0316〜) 華やかなキャピー(佐藤千晴)との出会い「広松食堂」
 (0320〜) 千晴との初めてのデート
 (0329〜) 美しいゆえにに悩むキャピー
 (0351〜) 2回目のデート「蕎麦処 高野」
 (0371〜) 海が見える高台で…
 (0383〜) 手打ちうどんに喜ぶキャピー「手打ちうどん 玉の家」
 (0396〜) 過去に縛られる良への怒り
 (0410〜) ラブホテルでの絆
 (0431〜) 夜の初デート「和風居酒屋 参萬両」
 (0439〜) 良のアパートで…。
 (0471〜) 恵理・美紀と「手打ち蕎麦処 遠山」 
 (0481〜) 美紀のマンションで長い夢
 (0531〜) キャピーと初めての1泊旅行
 (0545〜) 2人で入った寿司屋に美津子が…「寿司 徳岡」
 (0556〜) 美紀と得意先に営業
 (0582〜) キャピーとの別れの真相
 (0611〜) 美紀が恵理に宣戦布告「イタリア料理 ローマ」

       第3章 良の苦悩(BN)
 (0631〜) 恵理の葛藤「おでん 志乃」
 (0651〜) 良の隠れ家へ美紀が…「会員制クラブ 志摩宮」
 (0671〜) マンションに誘う美紀
 (0686〜) 美津子から急な呼びだし
 (0701〜) 美津子の夫のアメリカ赴任「料亭 古都」
 (0731〜) 宣戦布告以来初めて3人で食事「豆腐料理 沢木」
 (0741〜) 馴染みのバー「クラブ 楓(かえで)」
 (0756〜) 人生の転換期の苦悩「ビストロ シノザキ」
 (0771〜) 美紀の弟正一郎との出会い「イタリア料理 ローマ」)
 (0806〜) 美津子と想い出の店で「和風居酒屋 参萬両」
 (0823〜) 美津子との復活
 (0856〜) フランス料理「右京」
 (0881〜) スナック「佳世(かよ)」
 (0891〜) 美紀と初めての夜
 (0916〜) 良の家庭崩壊「寿司屋 瀬戸」
 (0936〜) 美紀の苦悩

       第4章 別れのとき(BN)
 (0965〜) 親友花村部長と4人で「寿司屋 瀬戸」
 (0986〜) 恵理の葛藤
 (0996〜) レイクサイドホテル
 (1031〜) 美津子との距離
 (1046〜) 美紀のマンションで
 (1066〜) 恵理との小旅行
 (1083〜) 「日本料理 池田」
 (1094〜) 「恵理へのラブレター」
 (1111〜) 「恵理の初めての経験」
 (1176〜) 美津子の秘密「和風居酒屋 参萬両」
 (1196〜)  美紀への傾倒
 (1221〜)  最後のメール
 (1255〜) 江戸蕎麦「悠々庵」 *リンク間違いをまたまた

       
 第5章 新たな出発(BN)
 (1281〜) 恵理の引っ越し「おでん屋 志乃」
 (1306〜) 焼き鳥屋「地鶏屋」
 (1361〜) 恵理の新天地
 (1408〜) おでん屋 志乃
 (1451〜) 暗転
 (1498〜) 日本料理 山園
 (1531〜) おでん屋 三万両
 (1556〜) 美紀の窮地
 (1596〜) おでん屋 参萬両 
 (1625〜) 仏料理 ミノリ・サヤマ 

     第6章 決断(BN


カウンタ